六甲全山縦走路 ≫

鵯越~市ヶ原

鵯越駅前

神戸電鉄・鵯越駅。脇にに縦走路入り口

山麓バイパス烏原大橋

山麓バイパス烏原大橋をくぐる

AM9:30。鵯越駅は高度140m前後の高所にある。神戸の街を出発した電車が、これほど急激に高度を上げて行くのは大変なことだろう。

駅舎の右脇、細い道が縦走路入り口。なかなか、それと知らないと分からないようなところ。

そちらへ。縦走路に入ってしばらく林の道を進むと、谷あいに沿った、静かな林道に出る。豊かな緑、車の通行も無い。


石井ダム

石井ダム。まだ真新しいように見える

菊水山を捉える

前方に菊水山を捉えた

烏原ポンプ場を過ぎ、山麓バイパスの高架を潜り、緩やかに高度を上げていく。前後に、ちらほらハイカーの姿。

そして、鈴蘭台下水場を過ぎるとT字路にぶつかる。右折。道の先に菊水山が見えてきた。左手上方には、さらに高度を上げて行く神戸電鉄の線路が。

と、「菊水山駅は廃駅になりました」の標示のある分岐。菊水山駅だ。ハイカー専用駅だったのだろうか? なにしろ、周りに住宅など全く無いのだから。

AM9:52、石井ダム前を通過。


菊水C.C.を望む

登山道から、菊水C.C.を望む

菊水山頂

菊水山(459m)の山頂広場。電波塔が立つ

菊水山トンネルの入り口を眺めやりながら、ようやく菊水山登山道に入り込む。

と、ここで右膝の痛みに気づく。

――というか、もともと今年に入ってから痛みがちだった右膝が、硬い道の上ばかり歩いて来たためだろう、ここで再発してしまった。登りではほとんど無視出来るのだけれど……下りが怖い。


ポートアイランド

ポートアイランド

登山道は樹林帯の中を進み見晴らしは無い。前後、家族連れハイカーが何組か。時折、眼下に菊水C.C.の緑の芝が目に飛び込んでくる。――素晴らしいのは、ここまで樹林帯がことごとく自然林であり、単調なスギ・ヒノキ林が見られないこと。新緑や紅葉の時期はさらに良いことだろう。

AM10:16、菊水山山頂到着。

どっと汗が吹き出る。山頂は広場となっていて、山名を刻んだ大きな石碑と、電波塔。十数人のハイカーが、思い思いの場所でくつろいでいる。

空は曇ってしまったけど、眺望は得られている。やはり、神戸の街がすぐ間際に思えるほど大きい。街への近さという意味では高取山に負けるものの、この山は神戸・三宮の街の真裏だ。人気もあろうというもの。


神戸タワーとオリエンタルホテル

神戸タワーとオリエンタルホテル

――三ノ宮の都市群から、神戸大橋を隔ててポートアイランドが見える。元町・神戸はやや右手となって、やはり神戸タワーの立つメリケンパークが目立っている。

一方、東側にはもう、緑の山の連なりしかない。六甲山地の連なりを横通して見ている。まだまだ、先は長そうだ。

山頂を去る。樹林帯を北進。


菊水山より東方

菊水山より東方を見る

菊水山北面のツツジ

菊水山北面の登山道

やはり右膝故障。下り道では脚を引き摺るような状態になる。この事態も想定して少し固めの膝サポをしてきたのだけど、あまり助けにはなっていない。

それにしても、今年はあまり山歩きしていないのに膝故障再発とはどうしたことだろう? やっぱり、膝周辺の筋肉が鈍っていたのかなあ。軟骨の問題でないことを祈る……。


中里町ヒルズ

中里町ヒルズを見下ろす

ツツジの道

城ヶ越付近。高度400m前後の山稜線

時折、山道に変化を与えるツツジの色鮮やかさが痛みを忘れさせてくれる。新緑は終わっているけれど、ツツジも良いものだ。

道は北から北東へと向きを変え、下り傾斜も急になってくる。

と、目の前に山間の住宅地が。何度か、山の中腹に切り開かれた開発住宅地を目にしてきたけれど、ここの几帳面な並びも大したもの。


天王吊橋

天王吊橋。高度は280m程度

国道428号

国道428号が眼下

それはともかく、膝が痛くてかなり苦労。反対の脚に負担がかかるのは良ろしくなく、下手すると両脚壊すなんてことになりかねない。そこまで行かずとも、体力の余計な消費はかさんでいく。

まあ、このコース、いつでもリタイヤ出来るから気は楽。

樹林帯が切れたと思ったら、目の前に国道428号、そして天王谷川を大きく跨ぐ天王吊橋。AM10:40。


ツツジの径

明るいツツジの径

路傍のツツジ

路傍のツツジ

鍋蓋山山頂

鍋蓋山(486m)の山頂

――なかなかの高度感。結構怖いことは確かだが、国道まで下りてまた上り返す方が良いか、と聞かれたら即座に首を振るだろう。標高はもう、1mでも落としたくない気分だ。

急斜面の上り返し。本日、300m・200m・400mと来て今は200mの山を登っているのだ、と考えれば気が楽になりそうだけれど、その合い間の住宅地歩きに体力を奪われた。結構、ヘバっている。休んでは登り、休んでは登りの繰り返し。ああ、冷たい飲み物が欲しい……。

追い討ちをかけるように、陽射しが降り注ぐようになった。登山道は、明るいツツジロードと化す。

AM11:04、鍋蓋山の山頂に到着。

――涼しげな木陰がある静かな山頂。路傍のツツジと、展望に丁度良いベンチ。正直、菊水山より、ずっと落ち着きがあって居心地いい。地味さは否めないけれど。


大竜寺

大竜寺

大竜寺の自販機

大竜寺の自販機

眺望も良い。奥まった位置にあるけれど、臨海の街も見える。そしてこれまで辿ってきた稜線である旗振山・横尾山・高取山、菊水山が見える――これで見納めだろうか。

山頂を辞し、再び樹林の登山道へ。木立の緩やかな稜線を西進。

再度越えを過ぎ、大竜寺に着くと待望の自販機があった! 速攻、冷たい飲物ゲット。


大竜寺山門

大竜寺山門

橋脚

朽ちて葉で覆われた……橋脚?

舗装道となった。

AM11:27、大竜寺の山門を過ぎてさらに直進、カーブの多い林道を下っていく。

右手には再度東谷。正面に見える鋭鋒は、高尾山だろうか。

道標に従い、林道を離れて山道に入る。――と、すぐに開けた場所に出た。

AM11:35、市ヶ原の川原に着いた。大勢の家族連れがいて、水遊びに興じている。


林道

林道をだらだらと下る

市ヶ原の川原

市ヶ原の川原

何故だと思って地図を見てみると、ここから新幹線新神戸駅まで2km強しかない。三ノ宮までだって4km弱だ。しかもその途中には布引渓谷と、日本の滝百選の布引の滝がある。

要するに、ここは都市に住む人たちにとっての絶好の自然スポット。五月晴れの休日に人が多いのは当然だ。

≪ 前に戻る

先へ進む ≫

六甲全山縦走路 ≫